スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別霊場 西国寺

中国観音霊場参りの旅 第4回は 備後の国 尾道の西国寺 千光寺 そして三原市の佛通寺の三寺のお参りです

朝早くに出発したバスが尾道に着いたのは 11時半ごろ まずは腹ごしらえとお参りよりも先に食事をする民宿へと行きました

民宿で食事を済ませた後 大型バスを30人のリのマイクロバスに乗り換えての参詣です
尾道は 狭い道と坂のまち
12mもの長さの大型バスは 町に入るのは無理なのです

まずが 西国寺におまいりしました

西国寺は 33札所には入っていませんが 特別霊場と言うことでお参りをしたのです

西国寺は 真言宗醍醐派の大本山で 美しい朱塗りの三重の塔と大きなわらじのかかった仁王門で 有名ですね

まず 最初に境内案内図を見ていただきましょうか
尾道は坂の町 平たい地面はすくないのです 凄く複雑な伽藍配置です

境内は3段に別れていて 下段に仁王門 中段には 金堂 鐘楼 上段には 持仏堂 太子堂 不動堂 さらに一段高く三重の塔 堂々たる大寺院です

境内案内図



仁王門です 室町末期に建立された楼門形式の山門で 山号「摩尼山」の扁額がかかっています

健脚祈願の大わらじが 沢山奉納されています
私も小さなわらで作ったわらじのお守りを買って リュックにつけました
お参りの旅 最後まで続けることが出来ますように・・

仁王門1


仁王


仁王門から金堂まで 108段の石段がまっすぐに伸びています

石段


上から後ろを振り向けば はるか下に見える大屋根は仁王門 向島の岩屋山が一服の絵のように見えています
右手に見えているのは 塔中のひとつ 十王院の瓦屋根です

西国寺からの眺め


金堂 国の重用文化財です
南北朝時代に備後の守護山名氏によって再建されました
本尊の薬師如来は50年に一度ご開帳の秘仏です

金堂正面


さらに石段を上がると 左手に中国観音特別霊場礼拝堂となる太子堂が有り 隣には毘沙門堂 不動堂が 並んでいます
写真クリックでおおきくなります

上段境内


私たちは ここ 太子堂でおまいりをしました

太子堂


内部です

内部


持佛堂です




玄関です 後ろの山の上に三重の塔が見えていますね
1429年 足利六代将軍義教によって建立されました

持佛堂


太子堂の右手より 三重の塔への石段が続きます
瓦屋根って 美しいですね これは毘沙門堂の屋根です
 
三重の塔への石段


三重の塔には 如意輪観世音菩薩が祀られています

三重塔


ここは 手や口をすすぐ所 水屋です ずい分とこった彫刻です

水屋


バスがつく駐車場は 上段にちかいところで 最初に太子堂でおまいりし それから三重の塔にまでか石段を上がり 降りてきて 今度は金堂をすぎて 仁王門まで そして又 上段まで登る

そういう順序でした それを8月の暑いときにしたのです もう汗だくだく・・
このあと まだ2ヶ寺おまいりをするのです

尾道って とっても人気の有る観光地ですが 本当に坂ばかりです

この後は 一番人気の有るお寺 千光寺へと向かいました

なかなか更新できませんでした
2年近くも前にお参りしたものを 写真とパンフレットを頼りに書いています
記憶不確かな所も あります ごめんなさい

中国33観音霊場のHPは こちらです

撮影 2005/08/29
使用カメラ CANON PowerShot A95

スポンサーサイト
プロフィール

TOSSY

Author:TOSSY
TOSSYと一緒に 巡礼の旅を!
歴女 仏女 TOSSYです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。