スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 梅宮大社

今日は 京都嵐山近くの梅の名所 その名も 梅宮大社のご案内です

梅の名所と 写真仲間が blogに案内を出していました
ちょうど 高校時代の友と 嵐山で久しぶりに会うことになりましたので その前にちょっと寄って来ました 

梅宮大社 鳥居


立派な門が見えてきました

梅宮大社は 嵐山の近くです 阪急電車で 嵐山の一駅手前 松尾下車 徒歩10分です


大きな地図で見る

駅を出ると左手に鳥居が見えますが あちらは松尾大社 梅宮大社には 右に行き踏み切りをわたり 桂川にかかる橋もわたります

10分ほど歩くと 案内標識があります そこで 左に折れると あの赤い鳥居が見えてくるのです

梅宮大社は 1300年ほど前に 橘氏の祖 諸兄(モロエ)公の母、県犬養三千代(アガタイヌカイミチヨ)が、橘氏一門の氏神として始めてお祀りした神社です
橘 諸兄 日本史で習いましたね
延喜式の式内社であり 明治になってからは 官幣中社に列せられた位の高い神社です

官幣社戸言うのは明治政府の定めた神社の格に関する制度です
官幣大社 国幣大社 官幣中社 国幣中社の順になります

門です 立派な門ですね
こもかぶりが ズラ~と並べてありますね
門に寄進のお酒を上げてあるのは はじめて見ました 
ここは お酒に関係のある神社なのですね 梅宮神社が古来醸造の祖神とあがめられているのだそうです
この楼門は 随身さんのおられる随身門です

梅宮大社 楼門


境内は なんだか工事中 本殿も修復の最中のようでした

ここが本殿なのかしら

本殿?


梅宮大社 


狛犬さんです

梅宮大社 狛犬 ん像梅宮大社 狛犬 あ像 


中央にある舞殿も 工事中 ちょっと写真を写す気にもならなくて 神苑に向かいました

神苑は 今は梅が花盛り 池(咲耶池)をめぐって歩く回遊式のお庭です

池には 中の島があり かやぶきの茶室 池中亭がありました

神苑 茶室「池中亭」


しだれ梅がきれいでした

しだれ梅


神苑入り口を池の対岸から写しています

神苑


神苑には まだまだ梅がありました 池には 花ショウブの新芽がそろそろと出始めていましたよ
ここは 1年を通じて色々な花が楽しめるように植栽されている様です

神苑入場料は 500円でした
それなのに 券をもらっただけで しおりも何もいただけませんでしたので 建物の名前や由来 ネットで調べました
神社のHPには 建物の写真は入っていなかったです

まだ写真 アルバムに入れていますので 良かったらご覧くださいね
アルバムクリックで 開きます スライドショーでご覧いただけます

京都 梅宮大社



花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/03/16






スポンサーサイト

theme : 神社めぐり
genre : 旅行

tag : 京都 神社

京都 天龍寺

京都嵐山といえば 渡月橋と天龍寺ですね

天龍寺は禅宗の臨済宗天龍寺派の総本山 世界遺産にも登録されています

足利尊氏が後醍醐天皇の霊を弔うために 夢窓疎石を開山に迎えて作りました
たびたびの火災にあい 建物は 明治に入ってからのものがほとんどです

夢窓疎石作庭の曹源池は 特別史蹟名勝に指定されています

天龍寺1


渡月橋を渡り ぶらぶらと 歩いていくと 左手に大きな門があります 
そこが 天龍寺です
広大です これだけでも 広いなぁとびっくりする大きさなのに 以前は もっともっと寺領は 広かったとか・・
太秦映画村あたりもそうだった見たいです

地図は こちら クリック で見てね

建物が大きくて 近づくと フレームからはみ出してしまいます
日本建築の美しさは 屋根のそりですね 

この門は 勅使門 天皇からの使者を迎えた時だけ開かれた門です

天龍寺は 古くは応仁の乱で焼失し 豊臣秀吉の寄進で再建したものの 幕末には蛤ご門の変で 焼失
都が騒乱に巻き込まれるたびに焼き討ちにあっているのですね

勅使門は 江戸期の火災を免れた寛永年間(1624~1644)のものとされ、天龍寺では最古の建築物。桃山様式です

天龍寺 勅旨門


荒土に古い瓦を塗りこめた土塀 雰囲気が良いですね

天龍寺 土塀


法堂(はっとう)です お寺の建築としては珍しい寄棟作りです
江戸時代の火災で焼失した法堂の代わりに、明治時代に旧坐禅堂(選仏場)を移築したものです

天井に雲龍図があることで有名です 
明治時代 鈴木松年によってかかれましたが 傷みがひどく 新しく 加山又造により 平成の運龍図が 描かれました (平成9年) 絵は こちら
どこから見ても 龍ににらまれているように見える八方にらみの龍です

天龍寺法堂


雲龍図 現在 特別公開中ですが お庭に先に行ったので 時間切れで拝観できませんでした
たしか GWのころまでしていると思います

では 有名なお庭です 本堂から眺めるのでなく お庭を歩きました
大方丈です 前の池は 曹源池 夢想国師(楚石)の作庭です
嵐山を借景としています

大方丈と曹源池


石庭と池の組み合わせが美しいです

石庭


お庭をぐるっと歩いたのですが よく手入れのされた広いお庭は 見ごたえがありました
拝観料は お庭のみで500円 本堂にも上がるのは +100円の600円です
渡月橋付近の喧騒が嘘のような静けさでした

しだれ梅が満開でした
後醍醐天皇の木像をおまつりしている多宝殿前のしだれ梅です

ウメの古木


写真 まだありますので スライドショーでご覧くださいね
写真をクリックで 別窓でアルバムが 開きます

天龍寺 京都嵐山


久しぶりに会った高校時代の友人たちと のんびりとした時間をすごしてきました

これが桜シーズンなら とてもこんなのんびりと歩けなかったでしょうね
そうそう ここのお庭のしだれ桜も見事なのですよ

この回は BLOG「デジカメ散歩日記」にアップしたものの再掲です

デジカメ散歩日記は 関西一円のお出かけ写真BLOGです
よろしかったら お寄りくださいね

theme : 寺社仏閣
genre : 写真

プロフィール

TOSSY

Author:TOSSY
TOSSYと一緒に 巡礼の旅を!
歴女 仏女 TOSSYです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。