スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のお彼岸の四天王寺

春のお彼岸ですね
お彼岸には お墓参りやお寺参りにいかれますか?

大阪のTVでは お彼岸には毎年 決まって四天王寺がうつります
「善男善女がお参りに来ています」 と言う季節物の放送ですね

で 私も 善女の仲間入りをして 四天王寺へ行ってきました
四天王寺のお寺のご紹介は 7月にしていますので(こちら) 今回はお彼岸風景を紹介しますね

18日に行ったのですが とっても暖かくて サクラ咲くころのような陽気でした
いいお天気に誘われてのお参りも多かったのだと思います

JR環状線の天王寺駅から歩いていったのですが 参道の歩道は それこそ善男善女で満員
出店も沢山出ています

そんな参道を歩いて行きました

四天王寺 石の鳥居

天王寺と言う地名は 四天王寺から来ているのです 
大阪人は 何でも 短くしてしまいます 四天王寺も天王寺に略されたのです
でも ちゃんと 尊敬して  天王寺さん と呼ぶのです

なににでも 親しみをこめて ’お’ や ’さん’をつけるのが 大坂言葉です

天王寺さんに続く参道です

いろいろなお店が出ています 
面白いのは 回向に用いる経木を書く出店があるのです
お寺にももちろんあるのですが 道端に何箇所も出ています
そこで 先きに書いておくと 後が楽だと言う大阪人らしい合理的なやり方なのですね

↓の右上の写真ですよ

参道の出店

掘りたてのたけのこも出ていました
小さなたけのこはゆでなくても焼いて食べるとおいしいといっていました
かご山盛りで 1000円 やすいねぇ



四天王寺は 聖徳太子創建の日本で一番古い仏教寺院です 推古天皇元年(593)に建立されました
長い歴史の中 何度も戦火に焼かれ 台風にもあい 再建を繰り返しますが 最終的には 太平洋戦争の大阪大空襲によって 境内のほぼ全域が灰燼に帰してしまいました。

今の建物の殆どは 戦後に再建されたものです

昨年の夏に来たときは なんとがらんとしただだっ広いお寺だろうと思ったのですが お彼岸には 境内にも で店がいっぱい
そこに参詣者もいっぱい
お祭りのようでした

境内見取り図です 四天王寺さんのHPより お借りしました

境内見取り図

赤い星印をつけたところが 1枚目の石の鳥居のあるところです
お寺に鳥居です

西大門です 極楽門とも呼ばれています
この門にはあまり他所ではみられない「転法輪」という手で回すコマ様のものが4基ついています これはブッダが教えを説かれることを表す法輪(チャクラ)を小さくしたもので、手で回すことにより「仏の法(のり)を教えて下さい」と挨拶代わりにしたのが起源です。

西大門コラージュ

大門の周りには植木市のように 花屋が店開きをしていました
帰りに買いましょう

花の出店

にぎわっていますね
五重の塔と金堂が見えています

四天王寺境内


四天王寺といえば 先ず思い浮かべるのが ここ カメの池です
暖かい春の日差しの中で きょうも 沢山の亀さんたちが 甲羅干しをしています

亀の池 コラージュ

亀の池の向こうに見えるのは 六時堂です
真ん中には 石舞台があります

六時堂 コラージュ

境内中央に位置する雄大なお堂で、昼夜6回 にわたって諸礼讃をするところから六時礼讃堂と呼ばれています
薬師如来・四天王等をお祀りしています 
また 入り口には 賓頭盧尊者(びんずるさん)像やおもかる地蔵が祀られて 信仰を集めています

写真下段 右は 賓頭盧尊者(びんずるさん) 
釈迦の死後、仏法を守るように命じられた16羅漢のなかでも第一尊者で 、自分の病の部分と同じ箇所をなでると病が治るとされ、進行されています
私は脚と腰をちゃんとなでてきました この冬は よくいたくなったのです

写真右は おもかる地蔵さん
その人の願いが叶うかどうかをしめしてくれるお地蔵様で 抱き地蔵様とも呼ばれています
お地蔵様を持ち上げてみて重ければ願いが叶いにくく、反対にかるければ願いが叶いやすいといわれています
そんなに重くは感じなかったわ でも 私の願いって?
差し迫って願っていること? 歩いても脚が痛くなりませんように・・

亀井堂も もう人でいっぱいです ここは 井戸が湧き出しているのです
回向(供養)を済ませた経木を流せば極楽往生が叶うといわれています。

亀井堂

中門です 
脇の間に伽藍の守護神である金剛力士 (仁王像)をまつっていることから俗に仁王門 と呼ばれています

仁王門

中心伽藍の五重塔と金堂です
お彼岸のときは混雑をすると危険だからでしょうか
塔には入れないようでした この前に上ったのですが 暑かったぁ

五重の塔と金堂

境内の新緑が 目にしみるほどキレイでした
日差しも暖かいというよりも 暑いといってもいいくらいでした

お地蔵さんも お大師さんも 日差しをさけるための帽子をかぶっています

日差しの中で コラージュ

今回も 釣鐘饅頭とおせんべいを買ってきましたよ
これ すきなのです ほのぼのとした甘さです

釣鐘堂 お饅頭


そして 菊の苗を4つ買って おなかもすいてきたので 又 いつものおらがそばで天ざるを食べました

おらがソバ 

このあと 一心寺さんにおまいりに行って帰ったのですがこの日は16000歩もあるいて疲れました
河川敷をその程度歩いても 平気なのですが 人が多いのです
それも 殆どが年配者 ぶつかったら大変です

倍 疲れますね
 
でも 昨年行った平日のがらんとした天王寺さんよりも ずっと生き生きとして魅力的なお寺さんでしたよ

庶民のお寺を実感しました

今回写真は コラージュにしてお見せしていますが アルバムには元のものを入れています
宜しかったらゴランになってくださいね

四天王寺 春のお彼岸


デジカメ散歩日記にアップしたものを再掲しています

デジカメ散歩日記にはいろいろなジャンルの記事をアップしていますので 宜しかったらご覧くださいね


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/03/18

スポンサーサイト

theme : 寺社仏閣
genre : 写真

プロフィール

TOSSY

Author:TOSSY
TOSSYと一緒に 巡礼の旅を!
歴女 仏女 TOSSYです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。