スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国観音第十番 千光寺

今回は 中国観音霊場第10番札所 尾道の千光寺のお参りです

大宝山権現院千光寺は 大同元年(806年)開基 
本堂は 懸崖に張り出した珍しい舞台つくりのお堂です

がけの途中にあり ロープウエイであがってから 参道を下ってお参りするのが一般的です
参道は表 裏 二つありますが 海の見える表参道からの法が足元も景色いいですね

山門です あまり簡素な門なのでびっくりしました

山門


赤い舞台のあるのが本堂です
左下に見えている小さな屋根は 大仙堂 その左 銅版葺きの屋根は 33観音堂です

千光寺 本堂1

千光寺さんからの眺めは 最高です
目の前の海は まるで川のようです

本堂と尾道水道


ご本尊の十一面千手観音菩薩は 33年に一度ご開帳の秘仏です
普段は お前立ちを拝むのです

お前立ちの観音様



33観音堂です
お堂の正面には桜木で造られた百八煩悩滅除大念珠が下げてあり、幸せを念じながらゆっくりと引きますと珠が上から落ちてカチカチと音がします。この音で苦しみの根源である煩悩を打ち消して、観音様の御守護が頂けると言われています。

もちろん カチカチとおまいりしてきました



お大師さんをおまつりした大師堂です

大師堂


このお寺は だるまが多く寄進してありました
だるまの絵馬が いっぱい売られていました

太子堂


鐘楼です つかないでくださいって 張り紙がありました

鐘楼


この岩山は 玉の岩 周り五十米、高さ十五米あります 
伝説があるのです
『往古この岩上に如意宝珠あり、夜ごとに異光遥かに海上を照らす・・・』

今は 電光で3色に輝く宝珠が置かれています 光るのは夜です

玉の岩の宝珠


岩が まるで鏡のようにきれいに丸く磨かれていました
昔、玉の岩の宝珠または太陽、月の光を鏡のように反射させていたと伝えられており、鏡には神が宿るという信仰の対象であったと言われています。

鏡岩


千光寺の鎮守は熊野権現と石鎚蔵王権現です

大きな岩には 烏天狗が彫られていました
烏天狗は 熊野権現の神使いといわれています

烏天狗


千光寺は まるで岩山に立てられたようなところです
その岩山(石鎚山)に鎖を取り付けて 平成17年から 登れるようになっているのです

私は ジーンズにスニーカーでしたが とても無理ですね 登っていません

鎖場



33観音から少し下がったところに毘沙門堂がありました

毘沙門堂


近くに 磨崖佛が ひっそりとありました

磨崖佛1磨崖佛2


千光寺には 2005年8月末に中国観音霊場めぐりの旅で 初めてお参りをして あまりにも崖にへばりつくようにお堂がいろいろと建っていて どういう風になっているのかさっぱりわかりませんでした

写真もあまりうまく写せなくて 2006年9月はじめにもう一度 今度は 個人で 青春118切符を使っていってきました
どちらもすごく暑い日で 汗だくになりながら 石段を歩きました

岩 岩 岩のこの場所にこんなに見事な舞台を持ったお堂をどのようにして建てたのか 本当に驚きです
見晴らしのいい場所に立てたかったのでしょうか

お寺に続く道も 雨の日は足元に十分注意をしないと ぬれた石はすべるでしょう

忘れられないお寺になりました

今回の写真は ほとんどがその2006年のときに写したものです

最後に 向島から見た 千光寺全景です 
フェリーに乗ってわたって写してきました

千光寺全景


千光寺山いったいは 風光明媚な公園になっています
しまなみ海道も 見えます お天気が良いときは本当にきれいです

パノラマ写真です クリックすると原寸になります

panorama


周辺mapです 車の場合は 千光寺公園の駐車場から歩くことになります
くだりのロープウェイには 絶対に乗らないこと
お寺の上空を通り過ぎて下まで行ってしまいますよ

MAP


千光寺のHPは こちら
なかなか良くできたHPで 面白いでした

中国観音霊場巡礼の旅 この後は 三原市にある第12番佛通寺に向かいました。
このお寺は人里はなれたところにあったのですが すばらしいお寺でした
では お楽しみに


カメラ機種名 Canon PowerShot A95
撮影日時 2005/08/29

カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
撮影日時 2006/09/04
レンズ 18.0 - 200.0 mm

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

あれれー
TOSSYさんは、こちらも運営しているのでしたか?
また訪問しますね。

こちらはお寺が主でぼちぼちと更新しています
一番早くに開設したblogなんですけれどね

また お寄りくださいね
中国観音霊場が主体です
プロフィール

TOSSY

Author:TOSSY
TOSSYと一緒に 巡礼の旅を!
歴女 仏女 TOSSYです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。