スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楠公さん 神戸湊川神社

今回は神戸湊川神社のご案内です

みなとがわ神社と読みます
JR神戸線 「神戸駅」から北へ徒歩約3分の場所にあります

湊川神社1

立派でしょう?
神戸では 湊川神社なんていわないのです
みんな 「楠公さん」と呼んでいます
さぁ な~~んでかな?

湊川神社は 楠木正成公を主神として祀ってある神社です
嗚呼忠臣楠木正成 です
ついでながら 嗚呼 よめますか?
ああ と読みます なるこではないのです
私は高校生のとき なること呼んで先輩に笑われました

楠木正成のことを大楠公(なんこう) その子正行は 小楠公と呼ばれています
で なんこうさんなのです

「初詣 どこ行く?」 「楠公さん いこか」 てな具合に使います

湊川神社2

ここで なぜ忠臣楠木正成なのか ちょっと歴史のお勉強です
歴史 嫌いな人は ↓の部分 無視してください

いま 歴女と言う言葉はやっています
歴史好きの女ですね 最近多いそうです

この間 妹とで話していて 「あんた 元祖歴女やねぇ」って言われました
そう TOSSYは 小学生の頃からの歴女です お寺にもよく行くから 佛女でもあります

湊川神社
主神 楠木正成公(大楠公)

大楠公は 後醍醐天皇の目指す親政を阻止せんとする鎌倉幕府の勢力や 武家の政権を新たに建てようとする足利尊氏と戦い この湊川の地で足利軍と戦って敗れ亡くなりました。
地元の人々は 塚を大切に守ってきました
元禄5年(1692年)水戸光圀公(黄門さん)が 忠臣大楠公の墓を建立しました
黄門さんは現地には来なかったそうですが 家臣佐々介三郎宗淳(助さん)が現場監督をしたそうです(これ ホントの話)

明治元年 明治天皇は大楠公の忠義を構成に伝えるため 神社の創建を命じられ 明治5年 湊川神社が創建されました

楠木正成公は 永仁2年(1924年)河内の国水分(大坂府千早赤阪村)の生まれで この地の豪族の出身です
幕府を倒そうとたちあがった後醍醐天皇に仕えました
後醍醐天皇は 鎌倉幕府に捕らえられ、隠岐島(島根県)に流されてしまいます

天皇が流された後も 河内の千早城で正成は戦い続けます
幕府の御家人であった足利尊氏や新田義貞も幕府打倒に動き 鎌倉幕府は倒れます

尊氏は鎌倉に入り また 武家による政事を復活させようとします
朝廷は 尊氏を反逆者とみなし 新田義貞に討伐を命じます
それから約1年間戦乱の世が続きます

延元元年(1336年)足利軍が京都を占領しますが 半月ほどで大楠公などの朝廷軍に破れ尊氏は九州に落ちます
九州で西国武士を集めた尊氏は 大軍を従えて京都に向かいます
その途中で足利軍を防ごうと考えた朝廷方は 新田義貞と楠木正成(大楠公)に 兵庫で尊氏の大軍を迎え撃つことを命じました

5月23日 大楠公は兵庫に向かって出陣し 途中 桜井の駅(大坂府三島郡島本町)で 正行公と別れ 5月25日 兵庫会下山(えげさん)に陣をはり 新田軍は和田岬に陣を取り 足利軍に備えますが 戦い破れ正成は討死し義貞は都へ逃れます

後醍醐天皇は 吉野(奈良県)に新しく朝廷を開き 京都朝廷(北朝)由の朝廷(南朝)の並立する南北朝時代が始まるのです 湊川神社HPより引用



楠木正成の紋は 菊水です

菊水紋

本殿です
KOBE ALIVE と言うイベントの会場になっていました

よさこいを神前で踊る 神様 喜んでいるでしょう びっくりしているかな

湊川神社本殿3

現在のご社殿は、戦災によって焼失したものを、昭和27年(1952年)10月24日に復興新築されたもので、様式は権現造に似ていますが、鉄筋コンクリート造で建てられており、戦後の新しい神社建築様式として代表的な建物と言われています。

御社殿には 平櫛田中柵の金色の獅子・狛犬があるそうです こんどもう一度行って見てきましょう

この間は よさこいをしていたので 後から考えてみれば参拝をしていませんでした

本殿の屋根にも菊水の紋がついています

湊川神社4

河内節の歌い手に 菊水丸がいますね
河内屋菊水丸 楠公さんの本拠地河内だから菊水なのでしょうね

神戸銘菓の瓦せんべいにも菊水紋がついています
↓は この間鉄人28号を見に行った長田の町の焼け残った古いおせんべいやさんの絵看板です
桜井の駅の子別れのシーンなのでしょうね

看板

鳥居は えらい新しいです たぶん震災後作り直されたのでしょうね
住吉さんも えベッさんも 石の鳥居はみんなまっさら(新しい)ですわ

湊川神社鳥居

境内には なんといっても楠木の大木です
兵庫県の木は クスノキです ちなみに神戸市の木は サザンカだそうです

楠公さんとは余り関係のない西宮市の木は クスノキです

湊川神社 境内から門

上で文章で書いたようなことを絵で描いてありました

「大楠公御一代記」
大楠公生涯の図

黄門さんが作ったというお墓への案内板がありました

墓所の案内図

ご墓所(ぼしょ)(国史蹟・楠木正成墓碑【ぼひ】)

大楠公及び御弟正季卿以下ご一族十六柱並びに菊池武吉卿を葬った所で、境内東南隅にひっそりとありました(国指定文化財史蹟)。

楠木正成の墓所

河内の観心寺に楠木正成公の首塚があるのです

観心寺の首塚

ということは 湊川神社には 首がないの?

ざっと 後案内しましたが 楠木正成関連は 桜井駅跡には、陸軍大将乃木希典筆「楠公父子訣別之所」の碑があります
TOSSYは ここで 嗚呼をなること呼んだのでした
嗚呼で始まる漢詩でした

元帥東郷平八郎筆「子わかれの 松のしづくに 袖ぬれて 昔をしのぶ さくらゐのさと」(明治天皇御製)の碑もあります

桜井駅跡は 大阪府三島郡島本町桜井 
最寄り駅は阪急電鉄京都線島本駅です

湊川神社へは 

■JR神戸線 「神戸駅」から北へ徒歩約3分
■阪急・阪神・山陽各電車は、「高速神戸駅」すぐ です

湊川神社アクセスマップ

観心寺は 紅葉の名所です
大阪府河内長野市です
以前に紅葉を写しにいったときの写真をアップした記事です
よろしかったら こちら どうぞ

この記事は TOSSYの「デジカメ散歩日記」からの再掲です
デジカメ散歩日記は いろいろなところのご案内です
宜しかったら 見に来てくださいね

当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/09/21
スポンサーサイト

theme : 史跡・神社・仏閣
genre : 写真

tag : 神社 神戸市

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

TOSSY

Author:TOSSY
TOSSYと一緒に 巡礼の旅を!
歴女 仏女 TOSSYです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。